実は習得しやすいビジネス英会話

ビジネス英会話というと、なんだか小難しいもののように聞こえますが、考えようによっては、日常の英会話よりも学習しやすいのかもしれません。なぜなら、ビジネス英会話は使われる場面・状況が決まっており、そのため必要とされる単語や表現もその特有のものに固定されてくるからです。いわばそのパターンを覚えることで、効率よく習得することが可能なのが、ビジネス英会話です。

日常英会話では、そうはいきません。場面が想定されていないだけに、どんな話題がでてくるかはわからないのです。一見、日常英会話の方が簡単で、それをクリアしてからビジネス英会話をマスターするような順序に思われがちですが、範囲が限定されているビジネス英会話は、いつ勉強をはじめても取り組みやすいのではないでしょうか。

ビジネス英会話とひとくくりに言っても、その業界・業種などにより、使われる単語などは当然異なってきます。けれども逆にいえば、それさえ覚えてしまえば良いのです。そしてたとえ英語ペラペラの帰国子女であっても、ビジネス英会話で必要とされる特有の表現を知らなければ、仕事にはなりません。

しばしば耳にするのは、特に子ども時代を海外で暮らして英語を身につけた帰国子女が、いわば大人の英語が話せないというケースが、往々にしてあるということです。子どもが使う英語と、大人が話す英語は違います。ましてやビジネスの場面で使われる英語は、さらに別物です。ビジネス英会話は、いろいろな意味で勉強のしがいがあるということが言えそうです。

▶続きを読む