柿の種英会話|英語しか使用できないクラスは…

英語慣れした感じに発音するときのコツとしては、カンマの左の数=「thousand」と考えるようにして、「000」の左の数を正しく発するようにするのが大事です。
世間でよく言われるのは英語の勉強をする気があるなら、①まず先に何度も聞くこと、②次に頭の中を日本語で考えることから英語にする、③一度覚えたことを忘れないようにして保持することが重要です。
リーディング学習と単語自体の暗記、その双方の勉強を並行してやるような半端なことはせずに、単語と決めたらがむしゃらに単語だけ勢いよく記憶してしまうべきだ。
英会話のタイムトライアルというものは、驚くほど効果的なものです。話し方はとても簡単なものですが、現実的に英語での会話を思い描いて、間隔をおかずに会話が成立するように努力を積み重ねるのです。
英語しか使用できないクラスは、日本語を英語にしたり、英語を日本語にしたり、というような翻訳するステージを、すっかり排除することにより、英語自体で英語というものを会得する回線を脳に築いていきます。

英会話というものを学ぶためには、アメリカ英語、英国、イギリスの植民地でもあったオーストラリアなどの通常英語を使っている人や、英語の会話を、通常話す人と出来るだけ多く会話を持つことです。
仮にいま現在、ややこしい言葉の暗記に苦労しているとしたら、すぐそんなことは中断して、実際的にネイティブの先生の話す内容をしっかりと聞くことだ。
私の経験上、英語を読む訓練を沢山やることによって言い回しをストックしたので、他のリスニング、ライティング、スピーキングというような技能は、それぞれ普通の英語の学習教材を若干やるだけで心配なかった。
英会話中に、あまり覚えていない単語が入っている時が、ありがちです。そういう折に大切なのが、話の前後から大概、こういうことを言っているのだろうと予測することです。
アメリカの人々と会話する機会は多いかもしれないが、メキシコ英語やフィリピン、インドの人が話す英語など、具体的にかなり訛っている英語を聞くことができるというのも、不可欠な会話する能力の一つのポイントなのです。

なるべくたくさんの慣用語句というものを聴き覚えることは、英語力を培う上で重要な学習メソッドであって、英語のネイティブは、何を隠そう頻繁に慣用語句というものを使います。
普段からの暗唱によって英語が、頭の奥底に溜まるものなので、早い口調の英会話に応じていくには、そのことをある程度の回数反復することができれば可能だと考えられる。
TOEICなどのビジネスに役立つ公的テストで、高い得点を取るのを目標として英語指導を受けている人と、英会話が自由に使えるようになるために、英語レッスンを受けている人とでは、大抵の場合英会話の能力に確かな差が生まれるものである。
昔から英会話の総合力をつけるために、NHKのラジオ英会話では、テーマによったダイアログ形式で会話できる能力が、また英語のニュースや、英語の歌等のすべての素材で聞き取り能力が得られます。
VOAという英語放送の英会話のニュースプログラムは、TOEICにもよく出題される政治・経済ニュースや文化・科学に関連した言いまわしが、大量に出現するので、TOEIC単語の勉強の解決策に実効性があります。

▶続きを読む