最低限必要な英語学習で英会話は十分通じる

英語学習・英会話というと、まず単語を覚えて、次に文法を覚えて、発音を練習して、などのように体系的に勉強される方が多いと思います。事実、日本の英語教育においてはテキストを理解すれば英語のテストで点数が取れるような教育が進められています。

しかし、学校で習った英語では海外に旅行に行っても、外国人と話してもいまいち伝わらない、もしくは全然役に立たないという経験をしている人も多いと思います。その理由は簡単で、学校のテキストは今は使われていない古い表現が使われていたり、文語調の表現で実際の会話には用いられにくいものであったりと、実践的な英語としては乏しいものが多いからです。また、実際にネイティブの人と話す機会も少ない場合はどうしても独りよがりの学習になってしまい、いざ誰かと話そうとすると何にもできずに終わってしまうということも大いにあり得ます。英会話を学ぶに時には、母国語に置き換えて考えてみると非常にシンプルで理解しやすくなります。日本人でも国語で習った表現を日常生活ですべて使う人はまずいないと言っても過言ではないでしょう。

最低限必要な日本語を知っていれば、日常生活には困らないのと一緒で、英語も最低限必要な英語学習で十分通じる英語を学ぶことができるのです。TOEICでハイスコアを取っても、英検〇級に合格しても、英会話ができない人はたくさんいます。試験に出てくるような難しい表現が日常の会話に必要とされるケースなどほとんどありません。いくら多くの単語や表現を覚えたとしても、実際に使えないものであれば、ほとんど意味がありません。

英会話を学ぶとき、話すときはなるべくシンプルに最低限自分が話したいことに絞って勉強を進めれば、効率的に英語力を向上させることができます。

▶続きを読む