英語が出来るのと英会話が出来るのは違う!

学生時代、英語の成績は良い方だったのです。でも、筆記テストであったり、英語の訳をするのは出来るのですが英会話となると全く上手くいきません。話すのも、また聞き取りもスムーズに出来ないんです。

だから、英語を使ってコミュニケーションを取るというのも全くだめ。いくらテストの点数は良くても、社会に出てから実感するのは英会話が出来てこそ英語を生かせるという事でした。英会話は、一度苦手意識がついてしまと英語を聞いただけで焦ったりパニックになってしまって簡単な英文であっても聞き取る事が出来なくなってしまうんです。

もちろん、間違ったらどうしようと思うと自分から会話をする事とままなりません。英会話は、実際に海外に出て実践するのが一番覚えるといいますが、それはその通りだと思います。英会話に毎日触れて、その状況に慣れることが大切なんですよね。私も思い切って、英会話を習得するために留学をしてみました。

話さなければ生活する事が出来ないので、嫌がおうでも英会話の中に身をおかなければいけません。日本語に頼らないように、なるべく日本人のコミュニティーには入らずに現地の人と交流を持つようにしました。気がつくとあんなに英会話に苦手意識をもっていたのが嘘のように、自然に英語でコミュニケーションが取れるようになっていたのです。

日本語でもそうですが、言葉というのは初めは耳から覚えるのが基本だと思います。机の上でいくら単語や文法の勉強をしても英会話は出来るようにはなりません。留学という方法を取らないにしても、出来るだけ英語を耳にしたり口にする環境に身をおくことが英会話の上達に役立つはずです。

▶続きを読む