受験英語の講師が英会話を全く話せない現実

「英語は、これから必ず必要です」と力説する塾講師がいます。英語が専門で数々の有名大学へ生徒を合格させてるそうです。しかしながら、英会話は全く話せないのです。凄く矛盾を感じます。

「これからは、企業内でも英語が必要です」と声を大にして説明する割には、当の本人は企業内で就ける英語力が無いのです。単に受験対策用の英語が出来るに過ぎないのです。

これは日本の教育における大きな問題です。なんとか英語の話せる日本人を増やして、英語を本当の意味で理解し、使いこなせる大人が子供に英語を教えて欲しいです。一方で、なんでもかんでも外国人講師なら良いという風潮もそろそろ止めて欲しいです。英語の能力は高いですが、英語を教える能力は全然ないのが現実です。日本に来て10回程度の研修で英語を教える能力が身に付くはずがないです。マニュアルどおりにすれば、なんとか授業はこなせるのかもしれないです。

そういう現実を知っていると、高い授業料を出して英会話スクールに通ってる人の話を聞くと、本当に優秀な講師から学んでいるのかとても気になります。本当に国際人を作るという意志が日本政府にあるのなら、英語を教える資格となるものを作るべきです。もちろん、海外で通用できる英語を教えられるレベルを持った講師が認定されるべきです。受験英語だけが得意な講師はそれはそれで良いですが、別に政府からの認定資格なりを作って欲しいです。今の英語教育はレベルに差があり過ぎて、学ぶ生徒も迷ってしまっています。

▶続きを読む