TOEICテストのための英語学習:リスニング編

英語学習をする際に、英語の資格を取得することを目標として英語の上達を目指す人も多いと思います。日本であれば英検TOEICが一般的です。IELTSやケンブリッジ英検などはまだ一般の方には馴染みが薄いです。

今回は、TOEICについて取り上げます。TOEICのテストを受験して全然解けずに困ったという人もいると思います。まず、順序立てて誰でも出来る攻略法を説明して行きます。TOECIで一番に問題を解くのがリスニングテストです。テスト本番になると緊張感もありリスニングのスピードについていけない人も多いです。スピード慣れするには、普段から二倍速でリスニングするです。初心者なら1.5倍速でも構わないです。今は、パソコンでもスマホでも倍速で聴く機能がついてますから、それを試して下さい。間違ってはいけないのは、自分のレベルに合ったリスニング文章から倍速で聴くトレーニングをすることです。そこで、きちんと聴けているのかを確認するために、通常のスピードでシャドーウィングをします。発せられた英語の文章を聴いたらすぐに復唱するトレーニングです。これにより、発せられた英語の理解度がわかります。このシャドーウィングをしつつ、倍速で聴くトレーニングをします。倍速で聴くと最初はついていけないですが、耳が慣れてくるとなんとなく英語の内容が理解できるようになります。

そうなると、通常のスピードに戻して再度聴いてみます。とても遅く感じるはずです。遅いということはテスト本番の時にも遅く感じるので問題の理解度が増します。この理論は高速で車を運転していて、一般道へ降りた途端、スピードの感覚がおかしくなってることと同じです。80kmのスピードに慣れていると、一般道の50kmに変更すると凄く遅く感じてしまい、誤ってスピードの出し過ぎを招くケースもあります。

▶続きを読む