私にはTOEICは必要ないと思っていました

英語の勉強を始めて数年たった頃知人からTOEIC受験を勧められました。その人いわく英語学習者にはTOEIC型と英検型の二種類の人がいて私はTOEIC型なので受験してみるといいとのことでした。

その時はただ趣味で勉強していただけなの軽く聞き流して受験はしませんでした。しかしその後仕事を探さなくてはいけない状況になり改めてその知人の言葉を思い出しました。あいにくその時には英語の勉強は中断していました。しかし一念発起。試験に向けてスケジュールを立て集中して受験勉強をしました。その結果930点という予想以上の高得点を得ることができました。

知人に勧められたときはTOEICが何の役に立つのかと半信半疑でしたが実際自分が受験してみるとその得点によって多くの仕事の応募資格に使用できることに気が付きました。TOEICの得点のおかげで就職活動も順調に進み希望通りの職につくことができました。もし知人がTOEIC受験を勧めてくれていなかったら私の求職活動はもっとむつかしく思うような職に就くことができなかったと思います。

初めての受験で高得点をとったことによりその後もそれを維持しなくてはと勉強を続けるモチベーションにもなっています。現在英語を勉強中の方にはぜひ受験をお勧めします。もし自分の思うような得点が取れなかったとしても自分の弱点などを知ることができ次の受験に向けてのポイントが見えてくるはずです。現在の私にとってTOEICは力強いお守りとなっています。

▶続きを読む