中学生で英語が苦手になるのは、英単語と文法をしないから!?

近年小学生の頃から英語が授業に導入されています。小学生の間は会話が中心の楽しい英語です。そのため、英語が大好きな子や英語が得意な子は実際増えているように感じます。しかし中学生になると一転し、英語が苦手になる子が増えています。理由はたくさんあると思いますが、一番の問題は中学のテストは筆記テストだということです。そのため、文法の細かいところや単語の綴りがきちんと書けるかが重要になってくるのです。しかし中学生になると部活動は長時間になり、学習する時間を捻出するのも大変です。また高校受験には内申点も大切です。そのためには、部活動はもちろん委員会やボランティア活動等にも精を出さなければなりません。成績も中学1年生の頃から内申点に加算されるので、中学生というのは意外に大変なのです。

実際中学の英語では、あまり文法を習いません。その上、英語の綴りを覚えないといけないという認識が薄い中学生は意外とたくさんいます。小学生の間に英会話中心の英語に慣れていたため、真面目な子でも英単語を覚える習慣のない子が増加しています。しかし、試験で問われるのは文法や英単語です。

私の住む愛媛県の公立中学では、授業内容が増えました。授業時間を確保するために中間テストが無くなる中学校も増えています。つまり、1学期の最後に9教科の試験を一気に受けるのです。そのため、数学だけでなく英語でゼロ点を取る子も増えています。

忙しい中学生になる前の小学生の内に、英単語を覚える習慣をつけておくだけでも成績はだいぶ違うと思います。

▶続きを読む