英語力を支えるための十分な国語教育

昨今では国際化やグローバル化等の言葉ばかりが先走りし、英語教育の重要さが議論されたり、現在の英語教育の問題点についての話をよく聞きます。確かに日本という国は島国という特性から、大陸国と比較して英語レベルは遅れていると言うことができると思います。そもそも外国人が圧倒的に少なかったため、日本語を話すだけで一般生活も仕事も問題なかったためです。しかし、日本が経済的に飽和状態に陥り、企業戦士として海外で戦わなければならない状況が増えてきたことから、英語学習の重要性が増してきたのかと思います。

そんな中、幼少期からの英語学習を始めている家庭も増えています。私の家の近所にも英語を使う幼稚園あり、入園できないほど希望者も多くいると聞きます。

しかし私があえて言いたいのは「国語力の重要さ」です。英語を含め外国語を扱うには、まず自身の中に日本語で正しくコミュニケーションを取る能力が必須です。考えてみてください。日本語でまともな会話ができない人間が、英語でまともな会話が可能でしょうか?幼稚園のころから英語を開始して上達するのは、発音と聞き取りの部分で、話す内容の質を支えるのはあくまで国語(日本語)力なのです。

将来、海外に観光に行き買い物ができる程度の英語力であれば、それほどの国語力は必要ないでしょう。しかもし英語を使って仕事をしたいのであれば、英語教育と同時に十分な国語教育が必要となります。

そういった意味で、私は現在の中学から始まる英語教育で十分だと考えています。

▶続きを読む